スポンサーリンク

フェレットを飼育する上でフェレットの好む室温・温度を保つのは、最も大切です。

ついつい人間の好む室温にしがちですが、人間とフェレットでは感じ方が異なります。

愛するフェレットが幸せにそして健康に生活できるように飼い主として、

フェレットに最適な室温・温度について勉強しておきましょう。

との
今日もお部屋がぬくぬくじゃ

ひめ
私たちの適正温度って何度なのかしらね

フェレットに最適な室温・温度とは?

フェレットを飼育する上で最適な室温・温度は18℃~26℃です。

夏場だとよくエアコンを28℃で設定をする方が多いと思います。

人間にとって28℃は最適な温度ですが、フェレットにとっては暑すぎるのです。

人間は汗腺という器官が備わっているため、汗をかいて温度を調節することができますが、

フェレットに汗腺はないため調整することができないのです。

またフェレットは毛が体に多く生えています。

そのため人間よりも体感温度が約10℃ほど高いと言われております。

ですので夏場は常にエアコンを使ってあげてくださいね。

との
汗かいてきたのう

ひめ
嘘つかないで!

フェレットの暑い・寒いのサインとは

フェレットは室温が暑かったり寒かったりする場合、サインをだしてきます。

飼い主さんは見過ごすのではなく、サインを見かけたら必ず対処してあげてくださいね。

暑い時のサイン

フェレットは部屋が暑い時に以下のサインを出します。

・床に寝そべって動かない

・水をいつもより多く飲む

・ケージの中をぐるぐる徘徊

暑い時のサインを見かけたら必ず室温を調整してあげてくださいね。

との
暑いのは苦手じゃのう

寒い時のサイン

寒い時にフェレットは以下のようなサインを出します。

・体がぶるぶると震える

・布団の中に潜ったまま出てこない

・寝ている時間が長くなる

・エサをあまり食べなくなる

寒い時のサインを見かけたら室温やあったかいタオルなどをケージに入れてあげましょう。

ひめ
寒いとぶるぶるしちゃうわねっ

フェレットと人間では体感温度が大きく違う!

先ほども解説いたしましたが、

フェレットと人間は体感温度が約10℃も違うのです。

常にそのことを念頭においてフェレットと接してあげてください。

なぜここまで大きく体感温度が違うのか?

フェレットは被毛という毛で体が覆われております。

人間で例えると「高級な毛皮コートを常に着ているイメージ」です。

人間が「寒い」と感じるくらいがフェレットにとってはちょうどいい温度なのです。

好む温度について大きな差は人間と異なりますが、

体感温度が大きく違うため温度調整はこまめにしてあげてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

フェレットに最適な室温・温度は18℃~26℃

人間との体感温度は約10℃も違う

飼い主さんはきちんとフェレットの気持ちを理解してあげる心構えが必要です。

ですから飼い主さんはフェレットの出す暑い・寒いのサインも見落とさず、

常日頃から室温・温度に注意してあげてくださいね。

スポンサーリンク
こちらの記事もおすすめ