スポンサーリンク

フェレットを集合住宅で飼おうと思っているが、

鳴き声がうるさかったら困りますよね。

実際フェレットの鳴き声はうるさいのか?

また、どんな時に鳴くのかについて今回はご説明させていただきます。

フェレットの鳴き声はうるさい?

まず初めに、フェレットの鳴き声はうるさいのかについて説明します。

結論から申し上げますと、フェレットの鳴き声は全くもってうるさくありません。

またフェレットは普段犬のように「ワンワン」と吠えたり絶対にしない動物なのです。

フェレットが鳴く時には必ず意味があり、なにかしらの感情表現を行う際に鳴きます。

フェレットの鳴き声の大きさは?

フェレットの鳴き声の大きさは、ものすごく小さい音です。

実体験隣の部屋でフェレットが鳴いていたとしても、わからない程度です。

フェレットの鳴き声の種類とは

フェレットが鳴き声を出す際は、何かしらの感情表現をしています。

意味をくみ取り、フェレットの気持ちを理解してあげましょう。

嬉しい時「クククッ」

嬉しい時や遊んでいて楽しい時、クククッといった声でフェレットは鳴きます。

もしフェレットと遊んでいて、クククッと鳴いていたら飼い主さんとの遊びをフェレットは楽しんでいる証です。

怒っているとき「ハー」

怒っているときは、ハーといった威嚇音を出すときがあります。

フェレット同士のじゃれあいでめんどくさいなとフェレットが感じたとき、

フェレットに向けて、「俺は今そういう気分じゃないんだ」の如く、

ハーと鳴き感情表現をします。

痛い時「キャンッ」

痛い時にはキャンッといった鳴き声を上げます。

間違えて飼い主さんがフェレットの足を踏んでしまったり、

ケージに足が挟まってしまった際に、このような声をあげます。

もし近くでフェレットがキャンッと鳴いているのが聞こえたら、

様子を確認してあげましょう。

何かしらトラブルが起きている可能性があります。

まとめ

フェレットはもちろん鳴きますが、静かな鳴き声でまた感情表現です。

フェレットが鳴く際は何かしら意味があるので、

その意味が何なのか、飼い主さんは理解してあげてください。

スポンサーリンク
こちらの記事もおすすめ