スポンサーリンク

フェレットも人間と同様にくしゃみをする動物です。

もしかして私の風邪が移ったのかな。どうしよう。なんて焦りたくないですよね。

フェレットがくしゃみをする原因や解決法について解説していきます。

フェレットがくしゃみをする原因

フェレットと一緒に遊んでいたら、突然立ち止まりくしゃみ。

確かにくしゃみをしている姿は可愛いですが、飼い主さんからしたら不安ですよね。

その原因についてまずは説明いたします。

フェレットがくしゃみをしてしまう主な原因は下記に記載してあります。

ケージの掃除

つい最近フェレット小屋(ケージ)のお掃除はしていませんか?

フェレットが住む環境が変わりケージの中で溜まっていたほこりなどが舞い、

フェレットの器官を刺激している可能性があります。

逆に全く掃除をしていないケースも考えられます。

ケージの中につもりにつもったほこりが、フェレットが歩いたことにより舞い上がり、

くしゃみをしているとも考えられます。

掃除をしたばかりでフェレットがくしゃみをしているのであれば問題ありませんが、

ケージを全くお掃除していないのであれば、早急にお掃除をしてください。

部屋の掃除をしていない

フェレット小屋(ケージ)を掃除していない(もちろん綺麗前提)のであれば、

次に考えられるのは、フェレットを飼っている部屋のお掃除です。

上記に書いたことと同様に、自宅の部屋を掃除した際にでてきたほこりなどが、

フェレットの器官を刺激している可能性があります。

ペットショップからお迎えしたばかり

ペットショップ等からお迎えしたばかりのフェレットは、くしゃみが出やすい傾向があります。

理由は住む環境が変わりストレスがかかり、

体力的に少し低下している可能性が考えられます。

人間も等しく学校や職場が変わったりなど、

新しい生活環境下になったら、緊張しストレスがかかりますよね。

フェレットも同様なのです。

もしお迎えしたばかりのフェレットがくしゃみをしていた場合、

一旦触れ合うのをやめ、放置してあげてください。

だんだん慣れてきたら愛くるしい表情を見せてくれるようになります。

フェレットが病気かも

可能性としては低いですが、病気の前兆の可能性も考えられます。

1日2日程度のくしゃみでしたら疑わなくても大丈夫ですが、

もし1週間ほどくしゃみが続くようでしたら、

すぐお医者さんに連れて行ってあげてくださいね。

なぜフェレットはくしゃみをするのか?

基本原理は人間と一緒です。

フェレットは器官が弱い動物ですので、

ほこりや乾燥などでくしゃみをします。

ごみやほこりなど、体にとって有害だと判断したものを、

脳が感知し体の外にだそうとする行動なのです。

お部屋をきれいにして、病気の予防をしよう!

常日頃から飼育環境は清潔にしてあげましょう。

また冬場などでしたら、乾燥によってくしゃみをしている可能性も考えられます。

くしゃみをすることにより体の抵抗力が下がり、

今は病気になっていないとしても、今後大きな病気につながる可能性もでてきます。

部屋の乾燥を防いであげるために、加湿器なども使用してみるとよいですよ。

まとめ

フェレットのくしゃみだけでは、大きな病気はあまり考えにくいですが、

今後重大な病気に繋がってきてしまう恐れがあります。

もしフェレットがくしゃみをしていたら、見て見ぬふりをするのではなく、

きちんと原因を考察し改善してあげましょう。

大切なあなたのペットなのですからね。

スポンサーリンク
こちらの記事もおすすめ