スポンサーリンク

ペットショップに行きフェレットを見かけて「可愛い」「癒される」飼いたいなと考えているが、

実際どのくらい費用が掛かるのか不安と感じている方も多いと思います。

犬猫に続き、今ペットとして人気のあるフェレットですが、

飼育するにあたり生涯どれくらい費用が掛かるか不安ですよね。

この記事ではフェレットの価格や、生涯にかかる費用をまとめてみました。

フェレットの価格の相場っていくらくらい?

実際にお店に足を運び、ショップ店員さんに訪ねてきました。

実際に日本で売られているフェレットの相場は、約8万円です。

もちろん品種や人気カラーによって、大きな差はありますが、

おおよその平均はこのくらいだそうです。

般的な品種ですと、約6~8万円

しい品種だと、約10~15万円だそうです。

飼育環境を整えるのにかかる費用

次に飼育環境を整えるのに必要なお金を調べてみました。

フェレットを飼う際に、揃えなくてはならないのが以下の通りです。

ケージ

フェレットを飼う上でフェレットのおうちとなるのが、このケージです。

「いやうちは放し飼いだから」という方には不要ですが、

基本的に常フェレットの面倒を見てあげるわけにはいかないですよね。

そのためケージは必要不可欠となります。

金額:約10,000円

ハンモックor寝床

ハンモックや寝床も必須商品の1つです。

そんなの要らないよと考える方は、生き物は買わないほうが良いです。

もちろん、毛が抜けたりなど掃除が多少面倒にはなると思いますが、

必ず1つは何か用意してあげてください。

金額:約3,000円

トイレ

続きましてトイレです。ケージによっては掃除がしやすいケージもありますので、

トイレは任意となりますが、個人的にはあった方が良いと考えています。

トイレにフェレット用の砂を敷いてあげてもよいですが、なくても全然大丈夫です。

金額:約2,000円

餌入れ

エサ入れもきちんと用意してあげてください。

ないと飼い主自身が掃除で手間がかかってしまいますし、

ご飯をあげるのにエサ入れがないのはちょっとおかしいですよね。

100円均一のお店にも、おしゃれで可愛いお皿がありますので、

そういったものでも結構です。

金額:約1,000円

給水機

給水器も必須となってきます。

お皿に水を汲んでフェレットにあげてもよいですが、

基本的にフェレットは遊び好きですので、水で遊んでしまいます。

そのため給水機も用意してあげてください。

金額:約1,000円

ケア用品

フェレットを飼う上で、ケア用品も重要な飼育用品です。

爪切りや耳掃除用のイヤークリーナーは必ず用意しましょう。

フェレットは耳ダニと呼ばれる寄生虫にちいさいころから、

感染しているケースが多いです。

どのフェレットも基本的に耳ダニは保有しており、

「うちのこってもしかしたら大変な病気かも?」と思われる方もいるかもしれませんが、

そこまで考える必要はありません。

きちんと飼い主さんが、定期的にケアをしてあげていれば全くもって心配いりませんので、

ご安心ください。

金額:約2,000円

定期的にかかる費用は?

飼育用品以外にも定期的に費用がかかってきます。

エサ

当たり前が人間同様生き物ですので、毎日ご飯を食べます。

ただフェレットは自分自身でご飯の量を調整できる動物ですので、

一定量のご飯しか食べません。

そのため、エサ代はあまりかかりません。

金額:月1,500円

おやつ

おやつに関しては

飼い主さんの任意となりますが、

やはりフェレットとスキンシップをとる上ではとても重要です。

おやつなどを常日頃フェレットにあげていると、

名前を呼ぶと反応し、飼い主さんのもとに来るようになったりします。

フェレットからしてみたら「おやつおやつ」という気持ちで、飼い主さんもとに来ているのだと思いますが、飼い主さんからしたらほほえましい気持ちになりますよね。

なのでおやつは用意してスキンシップを取ってあげてくださいね。

金額:月500円

生涯飼うのに掛かる費用を試算してみた

フェレットを飼う上で、生涯に掛かる費用を計算してみました。

1.生体料金:約80,000

2.ケージ :約10,000

3.寝床:約3,000

4.トイレ :約2,000

5.エサ入れ :約1,000

6.給水機 :約1,000

7.ケア用品 :約2,000

.エサ:約1,500

(月1,500×72(6年計算)108,000)

.おやつ :約500

(月500×72(6年計算)36,000)

総合計:約241,000円

まとめ

フェレットは人間と同じで生き物です。

私たちも生きるためには、当然お金がかかってきますよね。

また、今回の試算に関しては、病気になった際の治療費等は含めておりません。

※個体によって変動するため、金額が一概に出せないためです。

最近はペット保険なども主流になってきており、

保険に入れる方であればもっと金額は上乗せされてきます。

そのため、これ以上に費用が掛かってくるケースも想定されます。

きちんと最初に生涯どのくらい飼育費用が掛かりそうなのか、

試算を取り、その上で飼うか飼わないか検討していきましょう。

との
結構かかるんじゃのう

ひめ
飼い主さんには感謝しないとねっ
スポンサーリンク
こちらの記事もおすすめ