スポンサーリンク

フェレットは近年犬・猫に続き日本で飼育されている数が多い動物です。

ただあまりまだフェレットを飼っている人を見かける機会は少ないと思います。

そのため本当にフェレットが飼いやすい動物なのか不安な方も多いのではないでしょうか。

今回はフェレットが飼いやすいと言われる5つのポイント・理由についてご紹介いたします。

フェレットが飼いやすい5つの理由

フェレットは大人になっても全長50cm程の小型の動物です。

そのため飼育スペースなども取らず、集合住宅などでも比較的飼いやすい動物なのです。

飼いやすいと言われる理由を下記に記載してあります。

との
わしは飼いやすいのじゃ

ひめ
いたずら好きなくせにっ

フェレットは人に懐きやすい

フェレットは実はとても感情表現が豊かな動物です。

嬉しい時や、怖い時には鳴き声を出したりして感情を表現します。

そのため、人間に対してこの人は安心とフェレットは判断すると、餌を求めて飼い主のもとへやってきたり、

名前を呼ぶと来てくれたりするようになります。

実体験、猫などの動物よりもフェレットの方が実は懐いてくれ、愛くるしい表情を振りまいてくれる動物です。

フェレットは餌代があまりかからない

フェレットは小さい頃に食べていた餌しか、好まない習性があります。

また、フェレットは自身で餌の食べる量を調整できる動物です。

そのため、餌をたくさん入れておいても食べ過ぎること

月に平均1,500円くらいです。

フェレットは散歩が不要

フェレットは実質散歩が不要な動物です。

一日の大半を寝て過ごす生き物のため、

起きている時間のほうが少ない動物なのです。

犬などを飼うと毎日散歩をしなくてはなりませんが、フェレットに散歩は必要ありません。

もちろん運動不足でしたり、ストレスは多少なりとも感じてしまいますので、

一日30分はリビングに放してあげて、フェレットと遊んであげてください。

フェレットはとっても静かな動物

フェレットはとても静かな動物です。

ごく稀に感情表現のために鳴いたりしますが、

その声も非常に小さく隣の部屋には聞こえない程度です。

また、よく足音がうるさい等の情報を見かけたりしますが、

実際にはそこまでうるさいと感じたことはありません。そのため、集合住宅などでフェレットは飼育することが比較的容易な動物なのです。

フェレットはしつけが簡単

フェレットはしつけが非常に簡単な動物です。

基本的に行うしつけは2種類しかありません。

1つはトイレの位置を覚えさせること。

もう1つは噛み癖がある子は、噛み癖を直してあげること。

重要なのはこの2点のしつけのみです。

下記に簡単にしつけの方法を記載しておきます。

トイレの位置を覚えさせてあげよう

フェレットはきれい好きのため、

1度トイレをしたところでまたトイレをするという習性があります。

そのため、トイレに排泄物を置いておけばそれだけでOKです。

噛み癖を直してあげよう

噛み癖については、噛まれたら両頬をぎゅっとしてあげることで、

「噛んではいけない」ということをフェレットに、教えることができます。

フェレットの大半は小さい頃、噛み癖がよくあります。

しかしまだ子供のフェレットの場合は、ほとんど痛くありませんのでご安心ください。

もちろん大人になるにつれて、噛む力はどんどん強くなりますので、子供の頃にしつけてあげるのが大切です。

まとめ

いかがしたか? ぜひ皆さんも愛嬌いっぱいのフェレットをぜひ皆さんも飼ってみませんか?

もちろん飼いやすい動物と言われておりますが、生き物ですのでよい点だけではなく大変な部分もございます。

フェレットを飼う際のメリット・デメリットについては、下記の記事にまとめてあります。

もしその他不明点等ございましたら、他記事も参考にしてみて下さいね

スポンサーリンク
こちらの記事もおすすめ